初めての事故、どうすれば?という時に

わたしが交通事故に遭ったのは初めての経験でした。

車で信号待ちをしている際、後ろからよそ見をしていた車に追突されました。
わたしを入れて車には4人、相手方は1人でした。

追突された衝撃は強く、シートベルトをしていましたが、体が前のめりにその後後ろにたたきつけられるようでした。
乗せてもらっていた車は後ろがかなりへこみ、原型をとどめていない感じです。

幸いその時目立った怪我はしませんでした。

警察が来て人身事故となりましたが、それからが大変でした。
病院に行ったり、事故の書類を警察へもらいに行ったりと日々の仕事にも支障が出る時もありました。

そんな時、車の持ち主の方が、車の修理などについて納得がいかないので弁護士の先生にお願いするという話を聞きました。

わたしは事故を経験するのも初めてで、示談などの方法や何もかもが無知の状態で、健康状態にも不安があったため、弁護士の先生にお願いすることにしました。

相談の際は一度だけ弁護士事務所に足を運んだだけで、その後のわずらわしい書類関係もおまかせでき、自分のリハビリにも専念できるようになりました。
自分では何と説明すればよいのかわからないことも、自分なりに伝えておくだけでスムーズに進めてくれました。

また、この時代何が起こるかわからないので自分で訳のわからぬまま示談するよりトラブルがなくて良いのかなと思いました。

結果、少しケガの後遺症は残ってしまったものの、事故の数日後から出てきた症状だったのでその点も弁護士の先生にお任せしたおかげで示談も成立しました。

どうしてよいかわからなかったのでとても助かりました。

 

 

 

北九州市の交通事故に強い弁護士をお探しなら弁護士法人フレア法律事務所

交通事故で顔面負傷

学生だったころ学校まで原付で通っていました。

事故の日は雨が降っていて視界も悪く信号が赤になっていたかゆっくり直進していると前に走っていた軽トラがいきなり左折。止まることもできずにそのまま衝突してしまい原付の僕は吹き飛ばされてしまいました。

事故現場はちょうど個人病院の前であったためすぐにそこの病院の人が救急車と応急処置をしてくれて救急病院に運ばれました。

特に骨折とかはなくてよかったと思いましたが、顔面に傷ができてしまいました。

その何週間後には成人式もあり最悪でした。

結局その顔面のキズで前撮りも撮ることができずにいました。

相手の保険会社から治療費を払うと言われましたが形成外科に行ったり美容外科に受診して手術をしても元通りになることが叶いませんでした。

保険会社から示談の話が出たので顔面を傷つけられて前撮りも撮れず成人式で久しぶりに会った友達にはからかわれ散々であったのに治療費だけでは納得できず、慰謝料を求めました。

保険会社から20万と言われ弁護士に相談。

事故の詳細と傷の写真を送ると弁護士の方は20万は安すぎるので返事はしてはいけないと言われました。

後遺症診断があればもう少し金額が上昇すると言われ、相手の保険会社に弁護士に相談したらこの金額はおかしいと最低でも100万はもらえると言われたと説明すると相手からキレ口調でいくらなら示談できますかと提示されたため思い切って140万と言うとその通りの額がもらえました。

弁護士に相談してないと20万のみでした。

いくら小さなことでも相談することが大切だと思いました。

みなさんもお金がかかることは弁護士に相談しましょう。

弁護士基準で慰謝料をもらえました。

停車中の相手の前方不注意での追突事故でした。

相手方は、自車の後ろに停車していて信号待ち中ケータイに気を取られ、第二車線側が信号青で進んだのを横目で見て突っ込んできた形です。

頸部挫傷(むちうち症)で通院を始め、保険会社が症状固定で連絡をしてきたころに弁護士に相談しました。

こちらの保険に弁護士特約はついていなかったため、弁護士への依頼料をもとの額から上がった分から差し引いてもらう形で依頼をしました。

相手の保険会社は支払いたくない態度をかなり強めにとって何度も連絡をしてきたためこちらでは手に負えない形でした。

なおっていない為通院するのは当然かと思うのですが、世の中そのようなもののようです。

弁護士に相談するなんて訴訟社会のアメリカではないのになどと、その気ではありませんでしたが、結果は相談してよかったです。

治療費が120万円をこえないところまでは自賠責基準で超えてくると保険会社の基準(慰謝料の日額が落ちる)らしいのですが、弁護士基準だとそこがかなり上がるのです。

当日は書類を揃えて慣れないスーツを着て弁護士事務所へ行きました。

先生はとても話しやすい方で、持ってきた書類と合わせて丁寧に応対していただきました。

保険会社が送ってきた振込先などを提示された書類には記載しないようにと言われていたので、その辺は最初から忘れないでおく必要がありました。

無記入の書類を持っていった形です。

あとは弁護士先生側が代理でやってくださりスムーズに進みました。
依頼して良かったです。

祖母に当て逃げ

祖母が当て逃げにあいました。
70歳になる祖母は足腰が丈夫で、日頃からちょっとした買い物には徒歩30分のスーパーまで歩いて行っていました。
2日に1回は買い物に出ていたので、よく歩いていたほうだと思います。

ある日、病院から電話がありました。
祖母が事故にあったとのこと。

なんで私に電話があったからかというと恥ずかしながら、当時は無職で家でゴロゴロしているのが常だったからです。
父も母も日勤で働いていて、すぐに動けるのが私しかいなかったために、祖母が私を指名したのだと思います。

相手は病院にも来ずに、相手の保険会社から連絡があるのみでした。
その態度と金額に納得がいかなかった私はスマホで検索をしました。

すると

弁護士に依頼すると慰謝料が増額する可能性が高いこと
弁護士費用特約で弁護士費用の負担なしで依頼できること

がわかりました。

(参考:フレア法律事務所

 

そこで私が祖母に付き添って、弁護士に相談することになり、相談時もしっかり対応してもらえましたし、増額の見込みがあるとのことだったので、その場で依頼することになりました。

その後はトントン拍子で話が進んで、依頼から3か月後には無事に満足がいく慰謝料を受け取ることができました。

排水口にダイブ

高校のときに親の反対を押し切って原付きバイクの免許をとりました。女子校に通っていたのですが、住んでいるところが田舎なのでバイクがないと自転車が交通手段になってしまうからです。

父は免許取得に猛反対でしたが、母が協力的なんとか免許を取る許しが出ました。当時流行っていたビーノを祖父祖母に買ってもらい、友人たちと遊びに行くのが日課になりました。もちろん荒い運転や違反運転はなしの安全運転です!

免許取得から1年が経ち、バイクの運転にも慣れたころに事故に遭いました。門限が18時だったためにちょっといつもよりスピードを出して運転していました。冬の田舎道なのであたりも薄暗く、街灯がぽつんとあるような道です。

いつもならなんてことはないカーブだったのですが、急いでいたためにスピードを出しすぎたせいか、排水口?用水路?にハマってしまいました。

幸い単独事故だったので、私が怪我しただけで済みましたが、前歯が欠けて差し歯になりました。

父が歯科技工士で歯医者で働いていたため、治療費は安く抑えることができましたが、差し歯になったのはショックでした。。。

それから残りの学生生活ではバイクに乗らなくなりなりました。車の免許をとった今でもバイクには乗ろうとは思いません。

 

 

北九州の交通事故に強い弁護士ならフレア法律事務所

ドライブレコーダーと目撃証言の重要性

横断歩道で信号が変わるのを待っていたら、目の前の交差点で事故が起こりました。

事故をされた方(=被害者)の車からドライバーが降りてきて、目撃証言をしてくれないかとお願いされました。

急ぎの用事はなかったのですが、こっちは悪くないそっちが悪いとお互いなすりつけあう姿を見ながら警察が到着するのを待つのは苦痛でした。

事故はというと、直進車と右折車の事故だったので、普通に考えると右折車が悪いですよね。信号もお互い問題なかったですし。

車はフロントからサイドが大きく凹んでいましたので、修理代だけでも結構なお値段になると思います。被害者さんは外車(BMW)でしたし。

私の他にも近くの商店街の方など目撃者が数人いたので、ドライバー同士からは離れて事態の経過を見守っていました。町内会の会長さんっぽい方が手出しはしないように、ドライバー同士を収めていたので心強かったです。

交番が近くにあったのかすぐにミニパトがきてくれて、それぞれのドライバーを引き離して話を聞くような形になりました。

目撃証言は満場一致だったようで、事故処理はスムーズにいったようです。

目撃者がいなくてお互いの証言が食い違った場合ってどうなるのだろう。。。こういうときのためにドライブレコーダーって重要だなあと思いました。

私が車を買ったら、保険とドライブレコーダーは必須にしようと感じた事故でした。

友人の交通事故の話

私の友達が交通事故の被害に遭いました。

話を聞くと、友達がバイクで仕事帰りに公道を走っていたら、後ろから車が突っ込んできて、衝突しバイクごと転倒してしまったそうです。

その友達は、左足を骨折をし、膝と足首の間あたりに固定具を入れる手術をしたそうで、今は足の周りに装具みたいなものをつけているそうです。

実際にズボンの上から触らせてもらうと、金属でできたものでカバーされていました。

今回は被害事故だったため、相手の保険会社が窓口で対応してもらったそうなのですが、その友達はその保険会社に対してかなり怒っていました。

ようは対応が上から目線で連絡の時間も守らないことが不満だったようです。そういうイライラが募ってか、示談をする前に弁護士の先生に相談したそうです。

交通事故の場合、慰謝料の基準が何種類かあるそうで、最低限もらえるのが自賠責の基準、一番多くもらえるのが裁判の基準らしいです。

私の友達はそうとう加害者の保険会社に怒っていたので、一番多く請求できる方法の、弁護士に交渉を委ね、補償の最大化を目指したそうです。

弁護士の先生は、当初その保険会社から示された賠償提示額の2倍以上は勝ち取れるのではないか、とアドバイスをくれたとのことです。

最終的な示談交渉では、2倍とまではいかなかったもののそれに近い数字の賠償金を得ることが出来た、とのことでした。

弁護士に払う費用を差し引いても1.5倍以上の効果だったようで、友達は満足そうにしていました。

交通事故は弁護士にお任せ

私は4年前の年末に交通事故に遭いました。

事故の状況は私が勤務先からの退勤途上、バイクでいつもの道を走っており、ある片側二車線の交差点を私が直進しようとしたところ、トラックの運転手が対向から急に右折してきて衝突し、私は吹っ飛ばされました。

右脛骨遠位端骨折の傷病名で入院することになり、皮膚の中にプレートを入れる手術をしました。

その後、退院し歩けるようになるまで勤務先を休む羽目になってしまったこと、歩けるようになっても痛みがひかず、精神的肉体的に辛い思いをしました。

加害者のトラック運転手は一度病院までお見舞いに来てくれましたが、それ以降何の音沙汰もなく、正直に言うとやるせなく感じました。

そんな時にウェブページの広告で弁護士事務所を知り、このような交通事故の対応をしてくれることを初めて知りました。今までは私自身が全て手続きや相手トラックについていた共済と交渉していたのですが、全て弁護士にお願いできると思い非常に精神的に楽になりました。

まだ怪我を治すために病院に定期的に通っていたのですが、費用がかかっても、安心や精神的苦痛が軽減されるのであれば、弁護士に今後の交渉ごとを全てお願いした方がメリットがあると考え、相談会に参加し、その場で委任契約書を取り交わしました。

その弁護士の先生は後遺障害部分を相手加入の自賠責保険に請求し、その後相手の保険会社との交渉をしてくれました。

私は詳しくないのですが、弁護士が窓口なら慰謝料も増えるらしく、結果的に満足のいく解決をすることができました。ないに越したことはないですが今後同じような目にあったら必ず弁護士にお願いしようと思いました。

弁護士に依頼するメリット

私は2年前にバイクを走らせている時に車に巻き込まれて脛骨骨幹部骨折の傷病名で入院する事故に遭いました。

事故に遭った時は、突然のことでほとんど覚えていませんが、気付いたらバイクから転倒し足に激痛が走りました。

入院して手術、最終的には後遺障害が残るほどの重症でした。治療費や休業損害などの対応は加害者側の保険会社に払ってもらえることになりました。

ただ家族の駆けつけ費用やその他諸費用など払ってもらいたかったものが支払われず、過失割合の点において見解の不一致があるなど、自分の中で納得できないことが積み重なり、弁護士の先生に相談しました。

弁護士の先生に相談に乗ってもらい精神的に励まされました。結果的にその弁護士の先生に交渉を委任することになりました。

弁護士の先生に示談交渉を委任して良かったと思ったのは金銭的な部分です。

加害者側の保険会社に提示された金額よりも2倍ぐらいの賠償金を受け取ることが出来ました。なぜかと言うと慰謝料の基準には自賠責保険の基準、任意保険の基準、弁護士の基準があり、弁護士に依頼することで基準が最も高い弁護士基準が採用されるため、受け取れる金額が増えるそうです。

今回の場合だと弁護士に依頼してかかった費用より、賠償金増額により得られた利益の方が大きく結果的に弁護士の先生に依頼したことで経済的メリットがありました。

次に時間的に交通事故解決に時間を取られることが少なくなり、専門家にお願いすることで安心することができ、精神的苦痛が軽減されました。

勇気を出して弁護士に相談して本当に良かったと思いました。

右左折する車には要注意!

私が歩行者側の信号が青信号になったので渡ろうと横断歩道に足を踏み入れたら、いきなり視界に4トントラック入ってきたのです。

信号が変わってトラックが、横断歩道側に左折をしてきたのでした。丁度、信号待ちしていた私が電信柱の陰になっていて、死角に入っており運転手から見えていなかったようです。

横断歩道に進入してきたトラックの運転手さんと私の目があった時には、もうトラックの鼻先が私が目前まで迫ってきていました!

ぶつかる瞬間、本当に一瞬だったんですけど、私にはすごく長い時間の様に感じられました。今までの人生が、走馬灯のようには見えなかったですが、運転手と目が合って、お互いが「あっ!」という表情をしていたのがわかったぐらいです(笑)

幸いなことに、私は少しのカスリ傷と打撲程度の怪我で済みました。トラックの運転手さんが、あまりスピードを出していなかった事に加え、急ブレーキをかけてくれた事で、その程度で済んだようです。

とっさに手でトラックから顔をガードしていたで顔は無傷で済みましたが、突き飛ばされて尻餅ついたせいで、お尻はしばらくアオタンが取れず、蒙古斑と家族にからかわれていました(恥)

結局、私の体は丈夫だったようで、折れたり流血することもなかったんですが、運転手さんが警察と救急車を呼んで下さったので、生まれて初めて救急車に乗ることになりました。

トラックにも殆んど傷がなかったようで、お巡りさんがビックリしていました。

当たり前ですが・・・今後は横断歩道だからと安心せず、右左折してくる車には気をつけたいと思います