祖母に当て逃げ

祖母が当て逃げにあいました。
70歳になる祖母は足腰が丈夫で、日頃からちょっとした買い物には徒歩30分のスーパーまで歩いて行っていました。
2日に1回は買い物に出ていたので、よく歩いていたほうだと思います。

ある日、病院から電話がありました。
祖母が事故にあったとのこと。

なんで私に電話があったからかというと恥ずかしながら、当時は無職で家でゴロゴロしているのが常だったからです。
父も母も日勤で働いていて、すぐに動けるのが私しかいなかったために、祖母が私を指名したのだと思います。

相手は病院にも来ずに、相手の保険会社から連絡があるのみでした。
その態度と金額に納得がいかなかった私はスマホで検索をしました。

すると

弁護士に依頼すると慰謝料が増額する可能性が高いこと
弁護士費用特約で弁護士費用の負担なしで依頼できること

がわかりました。

(参考:フレア法律事務所

 

そこで私が祖母に付き添って、弁護士に相談することになり、相談時もしっかり対応してもらえましたし、増額の見込みがあるとのことだったので、その場で依頼することになりました。

その後はトントン拍子で話が進んで、依頼から3か月後には無事に満足がいく慰謝料を受け取ることができました。