右左折する車には要注意!

私が歩行者側の信号が青信号になったので渡ろうと横断歩道に足を踏み入れたら、いきなり視界に4トントラック入ってきたのです。

信号が変わってトラックが、横断歩道側に左折をしてきたのでした。丁度、信号待ちしていた私が電信柱の陰になっていて、死角に入っており運転手から見えていなかったようです。

横断歩道に進入してきたトラックの運転手さんと私の目があった時には、もうトラックの鼻先が私が目前まで迫ってきていました!

ぶつかる瞬間、本当に一瞬だったんですけど、私にはすごく長い時間の様に感じられました。今までの人生が、走馬灯のようには見えなかったですが、運転手と目が合って、お互いが「あっ!」という表情をしていたのがわかったぐらいです(笑)

幸いなことに、私は少しのカスリ傷と打撲程度の怪我で済みました。トラックの運転手さんが、あまりスピードを出していなかった事に加え、急ブレーキをかけてくれた事で、その程度で済んだようです。

とっさに手でトラックから顔をガードしていたで顔は無傷で済みましたが、突き飛ばされて尻餅ついたせいで、お尻はしばらくアオタンが取れず、蒙古斑と家族にからかわれていました(恥)

結局、私の体は丈夫だったようで、折れたり流血することもなかったんですが、運転手さんが警察と救急車を呼んで下さったので、生まれて初めて救急車に乗ることになりました。

トラックにも殆んど傷がなかったようで、お巡りさんがビックリしていました。

当たり前ですが・・・今後は横断歩道だからと安心せず、右左折してくる車には気をつけたいと思います