正直者は損をするんだなと感じた話

数年前のことです。 私は出勤しようと自転車で職場に向かっていました。いつものように住宅街の路地を抜けて職場に向かい、職場近くの住宅街の交差点を通過しようとしたその時・・・左から走ってきた車と衝突しました。 本当にその瞬間のことは走馬灯のようにスローモーションで記憶しています。左からスピードを出した車が向かって来て、頭では「避けられない」「ぶつかる」「死ぬかも」・・・と恐怖を強く感じながらも冷静に分析していたように思います。 ドーンっと音がして、自転車ごと3メートルほど吹っ飛ばされました。「轢かれると死ぬ」と思ったのでなんとか車の進路から外れようともがいたのを覚えています。 パニック状態でしたが、車が停止したのを確認すると恐怖で体が震えると同時に、死ぬことはなさそうだと安堵しました。 車を運転していた男性が降りて近寄ってきて「大丈夫ですか」と声をかけてきました。そしてたまたま通りかかった方が救急車を呼んでくれました。 幸い意識もあって動くこともできたので、救急車を待つ間、運転していた方に警察への連絡と保険会社にも連絡をと伝えました。運転していた方も事故を起こしてしまったことでかなり動揺し、また私に対しても「すいません」と声をかけ心配しているように見えました。 通りかかった方が、運転していた方に対して「スピードを出しすぎじゃないのか」と注意していたのを覚えています。私も自分が走っていた道路の方が道幅が広かったし、細い路地をスピードを出して走っていた方に対して怒りもありましたが、怒鳴る気力はありませんでした。 救急車に乗って病院へ行き、検査したところ、大きな怪我はなく捻挫程度で済みました。その際、運転していた方と警察の方が来られ、話をしました。 警察から私が走っていた側に一時停止があったことを伝えられましたが、徐行で交差点を走った記憶はあるものの停止した記憶がなかったので「止まってないかもしれません」と答えました。自分にも非があったこと、怪我も大したことがなかったことから警察の方は一旦そこで帰られ、運転していた方とも激しく言い合うことはせず、後は保険会社を通じて連絡を取り合う、ということで別れました。 その後、数日たっても何の連絡もないため警察の方に連絡をしたら、相手の方が任意保険に入っていなかったことが分かりました。 私は、事故にあって怪我をしたのに、相手に怒鳴ったりせず冷静に対応したのに、こんな目に遭うのかと愕然としました。 その後家族と相談して、自動車保険の弁護士特約を使って弁護士の方に依頼し、相手の方と話をすることになりました。 詳細としては、相手の方は知人の車を借りて運転していた、事故のあとまずいと思ってあわてて保険に入ろうとしたが出来なかった、逃げようとしたり反省していないわけではなく治療費なども支払う意思がある、とのことでした。 しかし、私が一時停止を怠っていたこともあり、過失割合が6対4程度にしかならず、車の修理代+自転車の修理代+治療費を過失割合にすると、結局私が相手の車の修理代をいくらか払うような結果になりました。納得できなくて、相手に少しでも痛い思いをさせてやりたいような気持ちになりましたが、これ以上はどうすることもできないと言われました。 弁護士さんから「相手の方からお金を出させることができれば一番良かったけど、自賠責からお金は振り込まれるし、私自身も保険で弁護士費用などもまかなわれるので、どこから出てもお金には変わりないので、このことに関してこれ以上やり合っても辛いばかりなのでこれで納めてはどうでしょう。相手の方に対しては任意保険も入らず車を運転したこと、その後の不誠実な対応に対しても私から厳しく抗議します。警察署の届け出も人身事故で受理されています」と話がありました。 これ以上もがいても、先がなさそうなことと、怪我もなく、自分が金銭的な損をしないこと、この件に構わず先に進方が方が自分にとって良いと思ったことから、弁護士さんに「わかりました。それでいいです。」と伝えました。 その後、事故の後遺症もなく元気に過ごしていますが、いまだに交差点が怖いです。この時の事故のことは納得できていない部分もありますが、ひとつ勉強になったと思って自分のなかで納めています。

弁護士に相談して良かったです

信号で前の車が停まったので、当然自分もゆっくりスピードを落としていき停まりました。しかし後ろから来る自動車がなかなかスピードを落とさないので嫌な予感がし、それが的中してしまいました。直前になり急に気がついたようでブレーキは踏んだようでしたが、停まりきることがてきなかったようでぶつかられてしまいました。どう考えても後ろの自動車が悪いことは明だと思ったし、その場では警察を呼んで事故処理をしてもらい互いの連絡先や保険会社に連絡してレッカーを呼んで帰宅しました。しかしその後相手から自分だけが悪いわけではないというような主張があると言われてしまい、ドライブレコーダーも付けていなかったので証拠もないしかなり焦りました。保険会社の人に連絡すると、弁護士特約がついているので相談することができると言われてほっとしました。保険に加入するときに弁護士特約をつけておいて本当に良かったなと思ったし、実際に電話で相談するととても丁寧な対応をしてもらえてアドバイスもしてもらえたので心強かったです。直接相手と連絡をするとトラブルの元になるので相手とは連絡は取らないようにと言われて、その点も精神的に楽になったので良かったなと感じています。その後は本当に連絡することもなく、弁護士に任せきりという状態になっていましたが不安もありませんでした。しばらくしてから無事に話がまとまったという連絡をしてもらえたので、手間に感じることもなくて良かったです。

北九州の交通事故弁護士相談

弟が車の事故にあった時のエピソードです

弟が車を運転中に事故にあった時の話しとなっておりますが、今から4年ぐらい前ではあるけど、弟が仕事帰りに車を運転している最中に後ろから車に追突され、軽いむち打ちになり、後々になって身体に少しですが悪影響が出てしまったのであります。 事故がおきた当時は現場検証とか調書などがあり、ドライブレコーダーをもとにどちらがいけなかったのかを警察などの方に確認してもらいながら、対応を受けてたけど、追突した相手側はどうやら弟が急にブレーキをかけて邪魔をしたなどと言ってきたようであり、示談などの交渉も難航していたため、弁護士の方に相談を行い対応してもらったのであります。 警察の方々も白黒つけないといけないため、捜査とかも再調査をおこないながら、協力をしてくれていましたが、曖昧な返事しかかえってこなかったため、最後は弁護士の方の力にかかっていた感じです。弟の車に後ろとかにもドライブレコーダーがついていたため、正面の模様と後ろの模様の映像を参考にしながら、対応をしてもらったのです。 警察の方の再調査でも弟の車は急ブレーキなどはしていないということも判明していて、決定的な証拠とかもしっかりとあるため、裁判とかで決着をつけることになったのです。 弟とかも私生活とかにも影響が出ていたり、むち打ちの後遺症も少し出ていたため、大変な状況の中での裁判ではありましたが、兄としても弟をサポートしながら、結果をまっていましたが、判決は弟が悪いのではなく追突してきた相手がいけないことが出たため、安堵な気持ちになったことを覚えています。 あの時に対応してくれた弁護士の方には今も感謝していて、交通事故関係に強いひとでもあったため、ほんとにありがたかったです。

車にひかれた時の話しであり、弁護士の方に対応もしてもらいました

昔ではありますが、自転車にて横断歩道を横断中に急に入ってきた車にひかれた話しとなっておりますが、私はしっかりと横断歩道が青信号になってから横断を行い、渡る前に必ずだけど、左右を確認してから動くように子供の頃からしていて、安全を確認した上で横断したのですが、急に車が突っ込んできて私と自転車が多少ですが吹き飛び、意識は失うことはありませんでしたが、その場に倒れこみ、居合わせた人に助けってもらったのです。 居合わせた人たちが加害者の人を捕縛してくれていたため、逃げるということはしておりませんでしたが、すぐに警察がきて対応してくれたのであります。 救急車もきて、私は一応ですが、レントゲンとかCTなどをしてもらったほうが良いと言われたので搭乗し搬送され、検査を受けたのですが、異常はなく軽症ですんだ形です。 その後に警察とかの細かな捜査や調書などがあったりしたため、忙しい日々でありましたが、加害者側はこちらが悪いと言い訳をいってるようであり、悪くないと主張してきたため、交通事故の問題について強い弁護士の方を知人に紹介してもらい、その方に対応してもらった感じです。 証拠となる映像とかは居合わせた人がつけていた、車載カメラにしっかりと映っていて、第1発見者の方から提供してもらったものでもあったため、事故の瞬間が映っていた感じです。加害者側から脅しのような電話とかもあったため、それを録音したものとかも用意していたため、脅迫なども含めて弁護士の方に対応してもらったのです。 裁判をおこすという気は最初ありませんでしたが、脅迫まがいな電話とかも色々とあったりしたので、友人や知人も裁判して決着つけたほうが良いと言われ、裁判をおこし、その際にも弁護士の方には色々と対応してもらい、こちらが勝訴したのであります。 物的証拠がしっかりとあったため、それをもとに裁判とかで証明させ、明らかに相手が悪いということを主張することができたので、あの時はほんとに周囲の人たちには迷惑をかけましたが、今こうやって元気にいるのも多くの方のおかげだと思っています。

子供がトラックに轢かれた!

子供が通学途中にトラックに轢かれました。車の保険にはもちろん入っていて、自身の車の事故で事故の示談交渉などをお願いしたことはありましたが、歩行中の事故には自分の保険は使えず、相手との交渉や手続きが煩雑で困りました。しかも、相手の任意保険の担当の方の対応が最悪で、自賠責保険の手続きを勝手にして下さい。という感じで、事故の非も認めてもらえず、どうしていいのかわからない状態でした。仕方なく、交通事故専門の弁護士さんに無料相談に行きました。私の保険には弁護士費用の特約がついておらず、手付金の20万、実費や成功報酬でかなりの金額が必要なことを知りました。弁護士特約があれば、それらの費用は保険から出るそうです。わずかな保険費用をけちって損したな、と思いました。自分でしらべながら自賠責保険の手続きや相手の任意保険の担当と話し合うこともできましたが、子供の通院もあり、煩瑣な手続きと交渉をする心の余裕がなかったので、弁護士に依頼することにしました。計算上では、弁護士費用などの経費を引いても赤字にはならないとのことでした。そこからは、さまざまな手続きは全てお任せしています。私は子供の治療に専念し、領収書などをきっちり保管し、メールや電話で弁護士に相談しながら病院通いを続けています。思ったより長く治療期間がかかり、自賠責保険は一旦全て建て替えて、治療終了後返金されるのですが、思いの他治療費か嵩んできたので、途中で返金してもらえる手続きをしてもらいました。まだ、現状治療中です。個人ではあの煩雑な手続きをするのは心が折れていたと思うので、費用はかかりますが、弁護士に依頼してよかったと思っています。

北九州の交通事故弁護士相談

家事従事者の休業損害の評価

友人の妻が玉突きの追突事故に遭いました。相手方はほぼノーブレーキで追突してきたこともあってか、こちらの車両は購入したばかりの新車でしたが全損になってしまい、友人の妻は現場から救急車で搬送されて、搬送先の総合病院で、頸椎捻挫、腰椎捻挫(いわゆるむち打ち)との診断を受けました。骨折などはなかったため、入院はせずに当日は自宅にそのまま帰宅できましたが、体中の痛みや頭痛や吐き気などが酷く、友人が奥さんの介抱をしながら、子供の面倒を見るということになったそうです。 友人は親御さんとの同居ではなかったので、他に子供の面倒を見てもらえる人もなく、しばらくの間は戦争のような日々が続いたと言っていました。 それだけでも大変だと思うのですが、友人の妻は、週に2日から3日ほどの頻度でパートタイマーとして働いていました。そんな状況では、とても仕事など行くことはできず、仕事を休んだことで、本来あるべき収入も無くなってしまいました。 そのことについて、相手方の保険会社からは、勤務先で休業を証明する書類を記載してもらえば、本来貰えるはずだった給料分を支払ってくれると言ってきたようです。友人は、新車を全損にされたうえ、奥さんに代わって子供の面倒を見たり、家事労働をすることになってしまい、とても承服できず相手保険会社の担当者に再度申し入れをしました。 すると、家事従事者の休業損害として1日当たり5,700円を支払うことになったそうですが、それでも納得できない友人は、自分の自動車保険の弁護士特約を使用して、弁護士による交渉へと切り替えたそうです。 すると、家事従事者の休業損害の評価として自賠責での基準は日額5,700円でしたが、弁護士が採用する基準を用いて評価しなおしたため、日額が1万円近くまで引きあがることになったそうです。 また、休業損害のみではなく、慰謝料も大幅に引き上げられたそうです。 やはり、餅は餅屋という諺がありますが、交渉のプロである弁護士に交渉を任せることが必要だと実感した経験でした。

全損時の車の差額…これってどうなるの?

ある晴れた日の朝、子供を幼稚園に送り届け、仕事に向かう途中、畑の中の真っ直ぐな道を走っていました。もちろん40キロの法定速度。家なんて一件もない長閑な風景。天気が良かったので窓を開けて走っていると、急に目の前に車が飛び込んできました。突然のことで何が起きたかわからないまま、エアバックが開いていることに気付きました。目の前には対向車が私の車に斜めにぶつかり、横転していました。何が何だかわからないまま車を降りると目眩が。農作業をしていた人が助けてくれ、救急車を呼んでくれましたが、首を痛め入院しました。相手の方は横転した車から体が出るくらい衝撃が強かったようで別の病院に入院されています。交通事故の原因は相手の車の脇見運転です。スマホを操作していて車が対向車線に入ってしまったとのことでした。相手の方の保険会社から電話があったのは2日経ってからです。それからの交渉は保険会社同士になりました。私の車は全損、過失割合は10-0でしたが新車で購入しまだ一年しか経ってません。同じ車を買うとなると100万円ほどの差額が出ます。外資系の保険会社なのですみませんはいいますがそれからの話は進みません。一か月経ってもその調子だったので仕方なく弁護士さんに間に入ってもらいました。弁護士さんの提案で当面、足りない金額は自分の車両保険を使い、交渉を続けてはどうかとなり、新しい同じ車を購入しました。結局、差額は出ることなく、今は3年間で上がる保険料を払って欲しいと交渉を続けています。相手はまだ入院されてるのであまりいきたくないのですが、保険会社さんの対応がなんだかすごく誠意のないものでとてもがっかりしました。弁護士さんもこのような案件をたくさん扱っているようでしたが、外資系はやりにくいといっていました。

①国道で後ろから追突された旦那さん。

②交通事故の詳細:私の旦那さんの体験談ですが、国道で朝会社へ車で走っていて、後ろ方からいきなり軽トラが突っ込んできました。 そこで旦那さんはそこで道路内に渋滞で止まっていた所で相手が坂道だったので勢いが止まらず後ろから突っ込んできたということでした。 相手が10、そしてこちらは0で相手の保険で後ろのバンパーの車のへこみを直してもらうことになりました。 ③そこで保険の弁護士特約に入っていたので旦那さんは弁護士に連絡をしてから交渉をしてもらうことになりました。 修理代の値段が車屋さんから出てくるのでそれを伝えてそしてそれを相手の方へお願いしてもらいました。 首の所を軽いむち打ちになっていたので病院へ通うことになったのでそれも弁護士に連絡をしてから相手の方へ伝えてもらったりして中間で色々と交渉してもらっていました。 弁護士の方は病院に通って終わりころに連絡をされてきて今の状態はどうですかとか聞いてくれたりしてその旨を相手に伝えてもらうような感じでした。 そして病院が終わり弁護士の先生が相手の方へ交渉を本格的にされて慰謝料はとても安心の値段を指定されて伝えてもらいました。 今の時点でこの相手から提示された額で了承するなら相手の方へ伝えて交渉成立としますと弁護士の先生から提案がありました。 それに旦那さんは了承してハンコを押すことになりました。 ④まとめ:自分で交渉したらこの金額の慰謝料はもらえなかったと思います。 弁護士に頼んですごく正解だったと旦那さんと話しています。

弁護士を入れるとスピード感が全く違う

横断歩道を歩きで渡っている時に、片側から来た車が止まらずに私をひき、車に当たった私は数十メートル先まで飛ばされ地面にたたきつけられました。反対車線の車は一時停止していたので、目撃者ありで10対0で私には非がないとされました。救急車で運ばれ緊急処置、一時意識不明、足は大きく腫れて体液が溜まる状態になりました。治療の結果、一部記憶喪失、くも膜下出血と脳挫傷、足の傷で後遺障害14級と認められました。 最初は自分で相手の任意保険の会社とやり取りしていたのですが、金額があまりにも低い、さらに法的に認められる後遺障害判定時に必要な医師の診断書に金額も含めていないなど不信感があり弁護士を挟むことにしました。 今は交通事故なら電話や郵送のやりとりで全国対応してくれる弁護士が多くなっています。当時私も転勤で地方にいたため、全国対応の弁護士を選びました。まず、最初に最悪の場合裁判にするかなど細かな方向性や目標額の打ち合わせがありますので安心です。その後も途中経過の連絡もありますので、交渉を代行してもらっているけど状況も分かるので信頼してお任せできました。弁護士が入ってからはやり取りも代行してもらえるので、自分の時間が持てるのと納得できない話でストレスをためることがなかったのが良かったです。 また、何度も自分で「ここの規準がおかしい」と言っても「これ以上は無理です」の一点張りだったのが、弁護士が入ることでコロッと変わったのが助かりました。と同時に保険会社の言うことが嘘だったなとイラっとしました。弁護士を依頼しなければ態度も変わらなかったはずですから、本当にプロの力を借りて良かったです。

正義の味方

今から5年前、新聞奨学生をしていた妹が朝刊配達の際に交通事故に遭いました。
場所は住宅街のT字路。早朝5時近くで目撃者はいませんでした。

新聞奨学生をするまで原付に乗ったことのなかった妹。原付は車の運転とは様子が異なります。さらに重い新聞の束を前カゴと後方に積んでの運転。
制限速度未満のノロノロ運転で恐る恐る乗車していたそうです。
その日は、雨上がりの朝でした。道が滑るからといつも以上に慎重に走行していた妹は、T字路に差し掛かると、他の車がいないからと停止線の遥か手前方減速。
恐る恐る左右を確認し、左折しようと原付を進めました。

意識が戻った時、妹は地面に座り込んでいたそうです。
雨上がりの地面で新聞が濡れることに気づき、慌てて拾おうとしましたが立ち上がることができない。

男の怒声に顔を上げると、少し離れたところで車の傷を確認する50代くらいの夫婦と思しき男女が半ば喧嘩のような状態で会話していました。

事故に遭ったのだ。あの車に原付ごとはねられたのだ。
倒れた原付と散らばった新聞を見つめながら、徐々に自分の置かれた状況を理解した妹は、ポケットからスマホを取り出すと警察に通報しました。
警察へのこの事故に関する通報は妹からの1本のみで、加害者は警察への通報も救急車の要請もしていませんでした。

妹に目立った外傷はなく。
にもかかわらず臀部の激しい痛みでまっすぐ立つこともできず、歩くこともままなりませんでした。
「尻を打ちつけたための打撲でしょう。」
通報を受けて駆けつけた警官の一言で、救急車も呼ばれることなく、簡単な実況見分のみでその場は解散となりました。

それから1週間。妹の体調は日に日に悪化し、10日後には自力で起き上がるとも食事を取ることもできなくなっていました。
病院へ行き検査を受けた結果、仙骨不全骨折と診断され、そのまま入院しました。
退院後も妹の体調は戻らず、病院を転々とし精密検査を重ねた結果、脳脊髄液減少症を発症していたことも明らかになりました。

そんなころ、保険会社から連絡が届きました。
先方の前方不注意、および妹がT字路で一旦停止せずに飛び出してきたことによる出会い頭の交通事故。
双方に責任があるので妹の過失は4割とのこと。
相手方は停止線を無視してスピードを上げて突進してきたにもかかわらず、あたかも妹が停止線を無視したことによるとの判定でした。

妹の過失は1.5割が妥当であるはず。知人の伝で弁護士を依頼しました。

いかにも頼りなさそうな若い弁護士でした。
当時妹は金髪のショートヘアで、アメリカのロックミュージシャンのような身なりでした。
「そのような容姿の方なので、警察の心象が悪かったのではないか。停止線で一旦停止したという妹の証言は記録に残っていない。」
弁護士の言葉に愕然としました。
「それは事実ではありません。真実を明らかにしてください。」
何度も懇願しましたが「警察が実況見分にこう書いている以上どうしようもありませんね。争うより、和解する方が得策です。」。
こちらの話に相槌を打ちながらも、最後に出る言葉は同じでした。

弁護士は、ドラマのように弱いものの味方で、真実を暴いてくれる人。
そんな妄想はあっさりと裏切られました。
本当の弁護士は、面倒な書類を書いてくれるだけの人でした。

裁判にも結審まで毎回出向きましたが、妹の弁護士は何も発言はせず。
裁判官に発言が何もないのか?と問いただされ、しどろもどろに発言するも、小声で何を言っているのかもわからない状態。
交通事故の裁判は保険会社が主導権を握っている。
保険会社が決めた過失割合にイエスという意外に道はないのだと痛感しました。

結局、妹が4割の過失で裁判は結審。
妹には後遺障害により二度と車両を運転できない体と、弁護士に対する不信感だけが残りました。

双方の弁護士も、裁判官も、普通のサラリーマンでした。
弁護士は、ただの書類作成屋でした。
弁護士さんが助けてくれる。
そう信じた妹は、突きつけられた現実と残された後遺症に、今も苦しんでいます。