法律の専門家である弁護士さんにお願いして、本当に良かった

原付バイクで走行中、交差点で車と出合い頭の事故にあいました。

頸椎捻挫、腰痛捻挫を始め、右目の上を10針縫う怪我など(診断名は7~8種類書かれていました)、まともに動けない程の怪我を負いました。

原付バイクには任意保険をかけていなかったため、相手方の保険代理店の人と私とで交渉をしましたが、

なかなか纏まらないこともあり、動けない程の怪我を負った上での交渉は、精神的に大きな負担になりました。

たまたま所有している車の任意保険の更新時期で、保険代理店のトヨタの担当者さんから電話があり、世間話のついでに事故のことを話すと車にかけている任意保険に弁護士費用特約がついており、車以外の交通事故でも使えることを教えていただきました。その日のうちに保険会社を通じて弁護士さんに依頼し、交渉を代理で行って頂くようお願いしました。

あれだけ先方の保険会社の担当者さんに電話し交渉することを煩わしく感じていたのが、そのストレスが一切なくなったことで、しっかりとリハビリに集中することができるようにました。結局、完治するのに9か月かかりましたが、保険会社から提示された示談金が妥当なものなのかどうか、もし不服があるなら裁判で争うこともできること等、親身になって詳しく話してくださり、安心して示談に応じることができました。

私もそうですが、よっぽど運が悪くなければ人生で事故にあう回数など、それほど多くない人がほとんどだと思います。経験がない故に、保険会社と対等に交渉するのは骨の折れる作業です。また、たとえ示談が成立したとしても、それが妥当なものかどうかも判断が難しいと思います。以上の理由から、法律の専門家である弁護士さんにお願いして、本当に良かったと感じています。

交通事故後の対処

私は、過去に2度交通事故を起こしてしまいました。
最初に起こした事故は免許をとって1年たったくらいでした。
事故の状況は、前の車が急ブレーキをしてそれに自分の車が間に合わずぶつかってしまうという事故でした。
速度はそんなに出ていなかったため車にもたいした破損は無くすみました。
だけど、相手の方が首が痛いと言い出しました。
病院に行って検査を受けてもらうように頼んだのですが、相手の方はまさかの未成年でした。
なので、親に連絡をして事故現場に来てもらいひたすら謝り続けました。
すると、その日は「気持ちは分かりました」と相手の母親が言ってくれてその場はおさまりました。

次の日、家にいると相手の方から連絡があり電話に出ると相手の母親が出ました。
謝罪の電話はないのか?常識的に考えて次の日に連絡をするだろう?と凄く怒っていました。
言い訳になるかもしれないですが、その頃の私は事故の対応がイマイチ分からず、事故した次の日に大丈夫ですか?と連絡をしても首が痛いと言っていたので大丈夫なはずはないと思い2、3日してまた改めて謝罪の電話をしようとしていました。
とりあえず、10分ほどひたすら怒られ続けて自分も確かに悪いところがあったと反省し、その翌日に自分から謝罪の電話をかけました。
すぐに連絡をできず申し訳ありませんでしたと謝り5分くらい謝り続けたときに、相手の母親が「誠意をみせてほしい」と言ってきました。
私は誠意とは?と思い謝り方が悪かったかな?と思いひたすら謝り続けていたらもういいですと言われ切られました。
何が悪かったのか分からずモヤモヤしていましたが知り合いに弁護士がいたので電話をして相談しました。
すると、「多分、お金を払えということじゃないか」ということでした。
その弁護士が言うにはお金は払ってはいけないし、本来は事故をしたら相手の家に行き謝った方が良いと言われているけどそれもあまりよくないと言われました。
理由は、お金を少しでも自腹で渡した場合保険屋にバレると保険金が下りなくなるし、相手の家に行き謝るという行為をしてしまうと自分が全責任ありますと認めてるようなことになるのでそれにつけこんで多額の保険金を請求する人がいるかららしいです。

私の場合はここからは保険屋さんが対応してくれて何事もなく終わりました。

もし、事故をしてしまって困っている人がいたり、これから事故をしてしまった時などの参考になれば幸いです。

弁護士特約で交通事故の相談をしました

時速40キロ程度で真っすぐの道を走らせていた時の事。

こちらは日産のセレナでしたが、対向車がカーブを曲がった後、こちらに向かってきているような黒の軽自動車が見えましたが、特に気にしていませんでした。

ですが、明らかにこちらに向かって車がきている!と判断した時には遅く、無意識でハンドルを左側に切っていたようなのですが、そのまま運転席付近にぶつかり、運転席の窓ガラスが割れ、ミラーはどこかへ飛んで行っていました。相手側はぶつかった後、私とは反対の縁石に乗り上げて停止したようでした。
たまたま後ろから警察官の方が来られていたので、救急車を呼んで頂きそのまま救急車へ運ばれましたが、後々事情聴取に警察署へ行き、警察署の判断は10対0で相手側の過失と判断されました。

運が良い事に、自動車の弁護士特約に加入していた為、治療を開始すると共に、そのまま近くの弁護士に相談にいきました。

相手側保険会社から来た賠償額は約75万程。勿論、弁護士の先生から言わせてみれば、安いという意味で破格の値段だと言われました。

最初の面接のようなものを終えた後は、特に私がする事はなく、唯一今どうなっているのかという経過報告の書類や、必要提出書類が送られてくる程度でした。

経過の報告は今、こういう事を行っていて相手側からはこのように言ってきている等、細かく現状が書かれてある書類で、何も連絡こないと思っていた私にとってそれはきちんと進んでいるという確認でもあり、安心できました。

以前交通事故にあった時は、こちらの過失が0にも関わらず、相手保険会社の威圧的な言い方、またまだ痛みのある個所の治療終了迫る内容等で、心身ともに酷い目にあった記憶もありましたが、この時はそんなストレスも皆無でした。

そして、数か月後相手との示談交渉が終わったとの連絡があり、伺わせて頂くと、当初の金額より大幅アップの約300万。

理由は首の捻挫に対して、障害等級も申請して頂いていたとの事でそれも認められた事による増額もあったとの事でした。

保険会社は言ってみればプロです。私達はあくまでも素人です。

相手側とのやり取りは、こちらの過失が0の場合は当方の保険会社は介入してくれず、自分で対処しなければなりません。

その為、治療でのストレス、また事故によるストレスに加え、圧迫的な保険会社とのやり取り。

嫌になって相手の思う通りで首を縦に振りそうになった事も何度もあります。
でも今回弁護士に頼んだ事により、適正な金額そしてストレスなく過ごせた事は大きな収穫でした。

弁護士特約を使って私は弁護士費用が無料でしたが、そうでない場合も、多少支払っても精神的ストレス、また大幅な増額が見込まれる事が多いので、私は弁護士に行かれることを強くお勧めします。

母が交通事故にあった話

数年前の話ですのでおぼろ気なところもあるのですが御了承ください。

その日母が自転車で交差点を渡ろうとしていたときに、交差点を曲がって来た乗用車と接触して怪我をしたそうです。

乗用車と接触したときに漕いでいた自転車の車輪辺りに接触したようで、自転車が倒れたときに足が挟まり、打撲か骨折か忘れましたが、2ヶ月くらい完治に時間がかかりました。

相手の乗用車の運転手は任意保険はおろか、自賠責保険にも入っておらず、母が加入していた生命保険会社の方で弁護士をたてていただき、対応してもらったそうです。

あまり詳しくは聞いておりませんが、母もボーッとしていたと話しはしていたももの、相手の不注意と、自動車にかけるべき保険がかかっていないと言うひとつの整備不良と言うことは認めていただけました。しかし、保険を一切車にかけていなかった事で、ほぼ相手側に賠償請求をかけることが出来ないと言うこととなりました。

壊れてしまった自転車を新しく買い換える代金と、母が怪我をした治療費全額、治療の間母が仕事に行くことが出来ない事に対する保証、その他もろもろ全て被害者である母側が出さなければならず、母は非常に不愉快だと話していました。

弁護士さんと話し合いが終わってすぐに、加害者の方が菓子折りを持ってお詫びに来たそうですが、貰うもの貰って、少し話をしたあと、もう来ないでほしいと言う趣旨の事を母が伝えたそうです。

菓子折り持ってくるなら治療費を出して欲しかったと恨み節をぼやいていた母を忘れることが出来ません。

弁護士基準で交通事故の慰謝料がもらえました。

停車中の相手の前方不注意での追突事故でした。
相手方は、自車の後ろに停車していて信号待ち中ケータイに気を取られ、第二車線側が信号青で進んだのを横目で見て突っ込んできた形です。
頸部挫傷(むちうち症)で通院を始め、保険会社が症状固定で連絡をしてきたころに弁護士に相談しました。
こちらの保険に弁護士特約はついていなかったため、弁護士への依頼料をもとの額から上がった分から差し引いてもらう形で依頼をしました。
相手の保険会社は支払いたくない態度をかなり強めにとって何度も連絡をしてきたためこちらでは手に負えない形でした。
なおっていない為通院するのは当然かと思うのですが、世の中そのようなもののようです。
弁護士に相談するなんて訴訟社会のアメリカではないのになどと、その気ではありませんでしたが、結果は相談してよかったです。
治療費が120万円をこえないところまでは自賠責基準で超えてくると保険会社の基準(慰謝料の日額が落ちる)らしいのですが、弁護士基準だとそこがかなり上がるのです。
当日は書類を揃えて慣れないスーツを着て弁護士事務所へ行きました。
先生はとても話しやすい方で、持ってきた書類と合わせて丁寧に応対していただきました。
保険会社が送ってきた振込先などを提示された書類には記載しないようにと言われていたので、その辺は最初から忘れないでおく必要がありました。
無記入の書類を持っていった形です。
あとは弁護士先生側が代理でやってくださりスムーズに進みました。
依頼して良かったです。

 

 

 

北九州の交通事故に強い弁護士

弁護士の電話1本で形勢逆転。交通事故はすぐに弁護士に相談するべきです。

ドライブ中の事故。駐車場に停車し、エンジンを切ったときです。同じく駐車しようとした大型車に背後から追突されました。こちらは小型車だったため、後部座席に座っていた私はむち打ちに。数週間通院しました。

相手方は大学生で、すぐさま父親が駆けつけてこられました。警察を呼んで事故証明を取り、双方保険会社を通しての交渉にしようと申し出ましたが、お互いの責任の所在に納得がいかないご様子。仕方なくこちらから相手方の保険会社に連絡を入れましたが、代理店だということで、代車も出せないというような残念な対応しかしてもらえません。当方はたまたま法律事務所に勤めていたため、すぐ弁護士に相談し、まずは電話一本入れてもらいました。するとどうでしょう。代理店がすぐ親の大手保険会社に連絡したとかで、丁重な担当者がすぐに代車の準備を提案。車種も3種類の中から選択可能で、もちろんガソリン代以外は無料。当方の自動車の修理が終わるまで、無期限で使用可能とのことでした。

その後も弁護士が、相手方父親や親の保険会社と話を進めてくれました。息子ばかりに責任があるとは考えられないということで、かなり強硬な態度を示されていた父親も、弁護士が法律に則って話をしたところ、素直に耳を傾けてくれていたようです。双方の責任分担は100:0に落ち着きそうだと報告を受けたときには、心底ホッとしました。もちろん、自動車の修理代、通院費、欠勤した日の給与も日割り計算で補償されました。相手方ご本人が未成年者で深く反省されていたとのことで、慰謝料が高額ではないことを弁護士に謝られましたが、納得はできました。

弁護士に相談しなければ、相手方に押し切られてしまうこともあったかもしれません。法律の専門家としての弁護士に改めて信頼を覚えました。

こちらは直進、相手は右折のバイク事故。

バイクで通勤途中に事故に遭いました。こちらは直進、向こう側は右折で、信号は青でした。相手側の言い分としては「見えなかった、気づかなかった」といったもので、私はそのまま救急車で運ばれていきました。幸い、こちらのフロントと相手側の左バンパーが直撃したのにも関わらずほぼ無傷でした。ただ大事をとって1日休ませてもらい、翌日、警察との現場検証をしました。こういう場合、同じ時間に相手とならないような配慮がされているのか、私だけ現場に来ての検証でした。その後、人身事故扱いで処理しようとしたのですが、相手側が会社の車にも関わらず保険に入っていなかった(職業は詳しくは分かりませんが土建屋さんのようでした)ので人身を取り下げて欲しい、穏便にすませて欲しいといってきました。相手側には何度もそれはできない、こちらも業務中のことなので保険を使うのにも会社のものを利用する事にもなるので、伝えたのですがしつこかったので保険に付帯している弁護士特約を利用して入ってもらいました。結果、その後は2ヶ月ほどで決着しましたが、あの時弁護士特約を利用していなかったらもっと伸びていたと思います。また、こちらがバイクということで過失割合も少なく、ほぼ思ったとおりに修理代や病院代なども出ましたが金額面でも弁護士に入ってもらったほうが上がったような気がします。任意保険に入っていない車両との事故はもめるといいますが、こちらがしっかり保険にはいっておけばなんとかなるのだな、と思った事故でした。

無保険の外国人との交通事故

自宅の近くで、自転車で買い物に出ていたところ、細い路地から軽自動車が急に出てきて、自転車の前輪と軽く接触しました。自転車ごとこけたものの、足の軽い打撲程度でケガはありませんでした。ただ、自転車はタイヤが曲がってしまい、修理が必要そうでした。軽自動車はしばらく止まっていたものの、私が自転車と一緒に起き上がるとそのまま走りさろうとしたので、窓を叩いて止めました。降りてきたのは、南米系?とおぼしき中年の女性で、警察を呼ぼうと言っても、まず日本語が片言であまり通じません。ケイサツ、ホケン、などと言ってみても、「無い無い」と言い、どうやら無保険で友人の車に乗っているようでした。その場はらちがあかず、路地の奥にあるアパートに住んでいるのは何とか分かって、スマホで写真を撮って、後日たずねることにしました。自転車はやはり買い替えになって、アパートを訪ねてみましたが、中から音楽が聞こえるのに出てきてくれません。困って市の弁護士相談に行ってみると、無保険の外国人の場合は対応が非常に難しいと言われました。スマホで写真を撮ってあってもそれだけで証拠にはならず、車両対車両なので過失割合も定めないといけないが、そもそも話し合いに応じない場合が多いし、短期間で帰国してしまうケースもあるとのこと。被害額が小さく、物損だけなので、一般的な交通事故のような処理をする手間と時間を考えると、今回は勉強と思って我慢した方が良いかもしれない、とアドバイスをもらいました。あまり良い結論ではありませんでしたが、弁護士さんに相談したことで、この件をどうしようかと思っていたのが、方向性がはっきりしたのは助かりました。

聞き分けの悪い相手と示談成立

数年前、白いベンツが交差点を曲がるときに私の車の側面にぶつかってきました。お互い怪我はありませんでした。私は車から降りて相手方に「何をしてるん!」といいました。すると相手側は「そっちが何してるん!」と言い返してきました。数十分、言い合いをしたあと、警察がきました。明らかに相手方が悪い状態です。翌日、当方の保険会社に詳細の説明をしました。相手側の保険会社から電話がありました。全く話が合わなかったので、保険の特約で裁判をすることを当方の保険会社に言い、依頼しました。こちらが悪いわけでもないのに往生際が悪い相手側にかなり腹が立ち、絶対、こちらが有利になるようにするという信念をもって、持久戦に挑みました。何年かかってもこちらが有利になるように証拠を集めて証明してみせるという思いが非常に強かったです。期間が過ぎるのは早いもので事故を起こされてから約1年が経過しました。ある日、当方の保険会社から電話があり、相手側が示談の話しをしてきているという内容でした。とうとうこの日が来たという事で事故の負担割合の話しになりました。最初は10対0と言いましたが、相手から示談してきているということもあり、9対1と当方の保険会社に言いました。しかし、相手側がどうにか8対2にならないかと相談してきました。時間がたつと怒りが消えていくもので早い事終わらせて修理金をもらいたいと言う思いも出てきて8対2で了解しました。なかなか時間がかかりましたが解決して良かったです。

相手が提示した額に納得がいかないので、弁護士に依頼しました

いや、本当に私は悪くないんです。なにしろ、私は交差点で目の前の信号が赤だったのできちんと停止していたのですから。そこに相手がよそ見をしていたせいで、ブレーキを踏む事が遅れて私の車に追突してきてしまったんです。すごすごと車から出てきた相手の運転手はとにかく、私にひた謝り。すぐに保険会社に電話して車の修理代を保険から支払うと言います。相手の車はノーブレーキだったので、かなりの勢いで私の車に追突してきました。けれども幸い、被害は車のダメージだけ。私の体には何の怪我もありませんでした。

私の車は修理会社に入れて、見積もりを依頼します。その時、相手の保険会社も私の車のダメージを見にきていたようでした。私は今回の事故は一方的に相手が悪いので自分の保険は使う必要がないと思い、自分のかけている保険会社には全く連絡していなかったんですね。

でも、その後、相手の保険会社からあった連絡の内容に私は愕然としてしまいました。私の車は購入してから既に7年経っていたのです。そのため保険会社は私の車は残存価値が修理費用よりもはるかに低いと説明してきました。ですから賠償金として払えるのは修理代には到底及ばない金額だと言われてしまいました。

私の車はとても愛着があるものでした。ですから残存価値がどうとか修理費用は払えないという事は到底納得行きません。ましてや今回は相手型が一方的に停止している私の車に突っ込んできた事故なのですから。私の本音としてはごちゃごちゃ言わず、私の車を元の状態に戻してほしいという事。

その後、私は相手の保険会社といろいろとやりとりをしました。けれども相手の保険会社は私の車は経済全損だということの一点張りです。これは埒が明かないと私は思い、専門の弁護士の先生に解決を委任する事としました。私のかけていた自動車保険にはこういう時のために弁護士の費用を支払ってくれる特約が付いていたので、それを使ったのです。

弁護士の先生が言うには、確かに経済全損になっているけれども、それでも相手の提示してきている賠償金は、私の車のマーケットバリューから見ても低すぎると言います。弁護士の先生は鉄笛的に私の車の同等車種のマーケットバリューを調べて相手の保険会社に抗弁すると言ってくれました。

結果、やはり弁護士の先生の言う通り、相手の保険会社の提示金額は、私の車の同等のものに比べてかなり低いようで、最終的には当初の提示金額よりもなんと10万円も引き上がったのです。

この金額はそれでも私の車の修理費用には足りません。けれども、最初の金額に比べたら高くなったので私としては満足がいくものだったのです。

やっぱり、交通事故ってなかなか難しいですよね。ましてや相手が保険会社ですと素人である私たちが自分で交渉をするなんてそれは無理というものです。そんな時は私のようにプロである弁護士の先生に委任をすると良いと思います。

弁護士の先生には交通事故専門の方もたくさんいらっしゃいます。そんな弁護士の先生はいろんな交通事故のケースを知っていますから、解決すべきノウハウをたくさん持っているんですよね。

私のように交通事故でトラブルに遭った人はすぐに弁護士の先生に依頼をした方が良いと思います。最近では自動車保険にその費用を払ってくれる特約なんかも付いていたりするものなので、これも活用すると良いですね。